バウハウス

モダン建築デザインの礎となったのは、ドイツのヴァイマルに設立された美術学校「バウハウス」が持つその合理主義、機能主義的な芸術思想といわれています。僅か14年でナチスによって閉校に追い込まれたこのバウハウスは、その短い時間でその後のデザイン界の潮流を決定づけたのです。

豪華な教授たち

バウハウス 1 - バウハウス

バウハウスで教鞭をとった教授たちは、今から考えると非常に豪華な面々でした。ル・コルビュジェやフランク・ロイド・ライトと並び称される建築家、あのヴァルター・グロピウスやミース・ファン・デル・ローエが歴代の校長を務め、抽象絵画の大家、ワシリー・カンディンスキーや表現主義の中心的存在であったパウル・クレーが教授としてその名を連ねたのです。